ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原/秋葉原・札幌のiPhoneケース&ガラス修理やバッテリー交換サービス SHOWCASE

HOME > 今月のホットなiPhone修理 > ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

永久保証サービスを展開するiPhoneアクセサリーショップ「SHOWCASE」では、アクセサリーの販売だけでなくiPhoneの修理サービスも行っています。
iPhone修理を身近で安心に感じてもらえるよう、修理の見えない部分をわかりやすく、リアルな修理現場を伝えていく記事として発信中。
お客様のiPhoneエピソード等も交えながら、修理をしてでも使いたいと思わせる、iPhoneの魅力を伝える一旦にもなれば幸いです。

お名前 T・S様
年齢 20代
iPhone歴 3年
壊してしまった時期 1週間未満
かかった時間 30分
修理端末 iPhone6s

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

前回に引き続き、修理する端末はiPhone6sです。
運送のお仕事中に場所を確認するために車から降りて周りを見渡していたら、iPhoneが滑ってアスファルトに落ちてしまったとのこと。
画面から落としてしまったそうです。
あぁ・・・バリバリ・・・

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

早速修理します。
今回は、私塩川が修理します。
浴衣を着て修理です。先日あるブロガーの方が「唇がセクシー」とおっしゃっていただてから何となく唇のお手入れに力が入ってしまいます。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

星ネジをはずします。パネルを固定している重要なネジは星の形をしているのでスタッフは星ネジと呼んでいます(^^)/
正式な名前はわかりません(笑)でも、伝わるからいいんです。
ドライバーも星の形をした専用のドライバーで外していきます。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

前回の注意事項にも書きましたが「iPhone6sには、粘着シールが」ついています。
粘着が強いからと言って、力ずくで開けるとケーブル断線・・・という大変残念な結果を招く原因となりますので焦らずゆっくりと、人見知りの猫ちゃんを手懐けるように開けていきます。
この粘着シールはパネルと本体の間にビッシリついているので
ピンセットなどで丁寧にはがしていきます。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

余談ですが、たまに来るあの人はこの粘着を「ATフィールド」と呼んでいます。この前も、iPhone6sの修理をしているときに「常に人間は心に痛みを感じている。心が痛がりだから生きるのも辛いと感じる。ガラスのように繊細だね? 特に君の心は」とか「待っていたよシンジ君」とか「何人にも侵されざる聖なる領域、心の光。リリンも分かっているのだろう? ATフィールドは誰もが持っている心の壁だという事を」とか言いながらはがしていました。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

新しいパネルが正常に動作できているか確認します。
iPhone6sの画面端子は○を付けた2か所をつけたらチェックができます。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

ごく稀にSIMにロックをかけている方がいらっしゃいますが、修理の際は絶対解除してもらいます。というのも、SIMピンを解除しないまま修理を行うとセキュリティーロックがかかり解除コードを間違えて入力すると、端末が使用できなくなるのです。

設定→電話→SIM PINで、設定あり・なしの確認ができますので覚えておくと◎です。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

今度は、イヤースピーカーなどがついている端子のプレートを外していきます。プレートの下にひものようなものがついています。一見なんでもないものに見えますが、実はとても大事なのだとか。とても細かいので切らないようにしましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

イヤースピーカープレートを外したら、パネルのプレートを外していきます。
強めのテープがついているのでピンセットなどで丁寧にはがしていきます。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

次はホームボタンです。先ほどのパネルプレートとホームボタンの端子がくっついています。ここはかなり繊細です。ボタンを傷つけてもダメだし、パネルしたについている指紋のケーブルも切るとアウト。
iPhone6以降は、ボタンにセキュリティがかかっているので交換するとアップデートできない可能性があったり、指紋認証が使えなくなるとかかなり危険が多い箇所です。
ピンセットなどとがったもので外すと端子を傷つけますので、専用の道具を使います。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

ホームボタンの移植は6と6Sで少し手段が異なります。
6はパネルプレートの上にホームボタンのプレートをつけますが6Sの場合、写真のようにパネルプレートの下にホームボタンプレートをつけてネジをつけます。

誤ってパネルプレートの上につけてしまうとホームボタンのカチカチという感触がしなくなってしまうので注意が必要です。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

すべての移植がおわりあとはパネルをはめるだけ!ですが最初に粘着シールをはがしたので新しい粘着シールをつけていきます。
位置をしっかりきめて…

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

ずれないようゆっくりはがすと綺麗に粘着シールがつきます(^^)/
1回ぽっきりのチャンスなので手が震えます(笑)
まぁ、最近は慣れましたけれどねwとかやってたら、失敗したのでこれ、テイク2の写真です。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

星ネジをしめて動作の確認を行い完了です。

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

最後に、コチラご購入いただいたので紹介です。
ITG Plusは、カッターやハサミを画面にあてても傷がつかない「表面硬度9H」の液晶保護ガラスフィルムです。ケースを使用しないのであれば、全面を覆うフィルムがおすすめですが、ケースをつける方はこれでも画面保護は十分できます。
修理後のパネルはどうしても画面のコーティングが修理前のパネルよりも落ちているので、ガラスフィルムをつけることはかなりおすすめポイント。指通りがかなりなめらかになりますよ!

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

もちろん、ご希望の方には貼ってお渡ししています。
ガイドピン?もちろん使いません。使わない理由を考えてみたんですがガイドピンを使うと自分たちのやりやすい貼り方ができなくなって逆に失敗しちゃうんですよね。

お客様からは「ガラスフィルムも貼ってもらい手軽で助かりました」との感想を頂きました。やったー!

【今回のまとめ】
ケースをしっかりつけていても画面側からiPhoneをおとしてしまうと割れてしまいます。
ガラスフィルムをつけていると液晶破損を防いだり画面割れも軽傷で収まる場合もあるのでケース&ガラスフィルムで携帯をしっかり守っていきましょう!

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

【おまけ】
先日、毎年恒例?になりつつある夏のイベント「浴衣で修理」が行われ
たくさんの方がご来店してくださいました(^^)/
題名…振り向き美人(ごめんなさい笑)

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

ハセさん、だいたいケースと一緒に写ってる。
愛社精神高すぎかっ!!(笑)

ホットなiPhone修理 Vol.23 秋葉原

後姿を撮影。あれ?右側の人帯取れそう(笑)

ヘアセット:塩川
着付け:長谷川
カメラ指導:森田

で遊ん・・・いや楽しくイベントを行いました。
次は、ハロウィンかなぁ?

< 前のページへ  |  一覧を見る  |  次のページへ >

このページのトップへ