アプリ紹介編 Head Soccer/札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし

HOME > 札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし > アプリ紹介編 Head Soccer

札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編 Head Soccer

永久保証サービスを展開するiPhoneアクセサリーショップ「SHOWCASE」。昨年の9月にオープンした札幌ル・トロワ店ではまだまだ知名度が低く、なかなかお客様がいらっしゃいません。要するに“”な時間が多いのです。SHOWCASE札幌ル・トロワのスタッフは”暇”という大敵と戦うため、日々思考を巡らせてiPhoneを使った新しい遊び方、暇つぶしを研究しています。そこで発見した研究の成果を記事として発信中。iPhoneが持つ様々な魅力、新しい遊び方を伝える一旦になれば幸いです。

 

初めまして、SHOWCASEを運営しております株式会社KODAWARI代表取締役の田村です。5月はゴールデンウイークの関係上SHOWCASE札幌ル・トロワで働いている社員さんが少ないので、シフトの穴埋めに本社から私(社長)がきています。がしかし私がくると毎度の事なのですが、いつもより一層暇になります、はい。

 

hima13_001.jpg

社長「おい。あれやる?」

店長「いえ・・・・」

 

 

 





 

――――――5分後

社長「おい。あれやるか」

店長「今仕事中ですし」

社長「うん」

実は私、ゲーム大好きで(仕事中も)暇さえあれば対戦相手を募集しています。そんな私のイチオシの対戦ゲームアプリはこちらです。

hima13_002.jpg【Head Soccer】

これはBluetoothで対人戦もできるサッカーゲームアプリです。といっても動きは完全な二次元で、全く奥行きというものは存在しません。
なので、めちゃくちゃシンプルに技術?を競い合うことができます。
Computer相手に勝ち続けコインをためると、自分の動きのスピードやジャンプ力などをレベルアップさせることができます。

 

 

9月に札幌ル・トロワがオープンする前準備の時、飛行機の中で店長の東野と対戦してみたのを皮切りに、はまりました。いわゆる「クソゲー」と呼ばれる部類に入るゲームだと思います。

hima13_003.jpg
【遊び方】

LとRを押して右左に動きながらボールを押し出して相手のゴールに入れます。
ちなみにLとRのどちらかを連続で押すことでダッシュすることができ、ボールに向かってダッシュすることで非常に強いシュートを打つことができます。

 

 

一応KICKボタンがあるのですが、使い勝手が非常に悪いので、頭(顔)でボールを押し出す方が得点率は高めです。アプリ名も“Head”Soccerですしね。

【キャラと国籍】最初はしか選べません。日本もあるのですが、なぜか仲間にはなりません。敵として出てくることはあります。

hima13_004.jpg



こんな感じで動くサッカーボールを体ごと体当たりして相手のゴールにぶち込む感じです。
Powerというゲージがたまると謎の必殺技を出すことができます。

 

 

 

hima13_005.jpg


このように自分の後ろにボールがきてしまうと、残念ながらもう防ぐことはできません。
ボールに追いつこうとすると自分で自分のゴールに向かってボールを押し出してしまいオウンゴールとなってしまいます。
同じキャラなのでめちゃめちゃ分かりにくいですが今回は敵あっぱれす。

 

 

 

hima13_006.jpg


接戦です。なんとかゴールできましたがまだ負けています
ボールが勢い良く顔に当たるとこのように流血します。
また相手のキャラに向かってKICKすると、やはり相手が流血します。
ファールなどそういう類のものは存在しません。

 

 

 

hima13_007.jpg

 

それにしてもなんという自由な職場…果たしてこれでほんとに良いのだろうか。

ちなみに負けた方がビールbeer一杯おごりです。

そして結果は…

 

 



hima13_008.jpg

 

当然7対2で社長の圧勝でした。

店長お疲れさまです。ビールごちそうさまですbeer

 

 

 

hima13_tamura.jpg

 

本日のアプリ紹介者

株式会社KODAWARI 代表取締役 田村

1985年生まれ。高校卒業まで4年かかり人生の階段にはやくも挫折。
どこも雇ってくれるところがないため24歳の時に起業し今に至る。
社長なのに店舗に立っている時は見た目も心もバイト気分。

< 前のページへ  |  一覧を見る  |  次のページへ >

このページのトップへ