ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ/札幌大通のiPhoneケースセレクトショップ&ガラス修理やバッテリー交換サービス SHOWCASE

HOME > 今月のホットなiPhone修理 > ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

永久保証サービスを展開するiPhoneアクセサリーショップ「SHOWCASE」では、アクセサリーの販売だけでなくiPhoneの修理サービスも行っ ています。iPhone修理を身近で安心に感じてもらえるよう、修理の見えない部分をわかりやすく、リアルな修理現場を伝えていく記事として発信中。お客様のiPhoneエピソード等も交えながら、修理をしてでも使いたいと思わせる、iPhoneの魅力を伝える一旦にもなれば幸いです。

お客様 鹿野 様
年齢 30歳
修理端末 iPhone6
iPhone歴 1年5ヶ月
今回修理するiPhoneの使用期間 1年半~2年未満
いつ頃から調子が悪くなったか 1週間~1ヶ月未満
修理内容 フロントパネル交換
かかった時間 40分

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

SHOWCASEル・トロワ店の種田です。

今回は、iPhoneを落としてしまって画面のタッチが効かなくなってしまった…とのことでご来店いただきました。
かなり広範囲に渡って割れが広がっており、さらに内部が一部露出してしまっている状態です。
雪や雨などの水分はもちろん、湿気だけでも簡単に水没しかねないので、早速修理していきましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

まずは、いつものように2ヶ所の星ネジを外していきます。
(星型の形をしたネジ穴なので、SHOWCASEでは「星ネジ」と呼んでいます。)

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

星ネジを外したら、パネルを開けます。
通常は吸盤を画面に吸い付けて、浮き上がった隙間に道具を咬ませて開けていくのですが、今回は割れが広範囲なので吸盤が吸い付きません。
そんなときは、写真のように小さいマイナスドライバーなどをパネルと本体の隙間に差し込み、少し持ち上げて開けていきましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

隙間ができたら、ギターのピックのような形をした道具を滑らせるようにして開けていきます。
無理に開けようとすると、さらにパネルが割れてガラスの破片が飛び散ってしまったり、勢い余って大切なケーブルをダメにしてしまう危険があるので、慎重に作業しましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

フロントパネルを開けたら、パネルと本体を繋いでいる端子を外します。
まずは、端子を押さえているプレートを外します。
iPhone6はここのネジが5ヶ所あり、それぞれ大きさが違うので、わかりやすいように保管しておきましょう。

また、このときにパネルを本体に対して90度以上倒れてしまうと、繋いでいる端子のケーブルが切れてしまう恐れがあるので、パネルが倒れないようにしっかりと押さえましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

プレートが外れたら、端子をひとつずつ丁寧に外していきます。
小さいヘラのような道具で、優しく持ち上げるようにして外しましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

これで、パネルを本体から外せました。
次は、パネル側に付いている部品を外していきます。

が、その前に新しいパネルを本体に仮留めした状態で、きちんと使えるパネルかどうか、仮チェックを行います。
今回は問題なく使えるパネルでしたが、このときに「タッチ不良」や「画面上に線が出でしまう」などの不良が出でしまう可能性もあるので、仮チェックもしっかりと行いましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

仮チェックが終わったら、新しいパネルに移植するパーツを外していきます。
まずは、インカメラ・近接センサー・イヤスピーカーなどがある「インダクションケーブル」部分。
まずは、他の端子同様にカバーがされているので、そのネジを外します。
ネジは3ヶ所ありそれぞれ大きさが違うので、わかりやすいように保管しておきましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

カバーを外したら、インダクションケーブルを慎重に外していきます。
先の細いピンセットなどを間に差し込み、優しく持ち上げるように外すと簡単に外れます。

今回は、内部が少し露出していた為にホコリが入ってしまっていました。
スプレーなどでホコリを取って綺麗にすると、修理後も気持ちよく使えますよ。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

次は、ホームボタンです。
まずは端子を押さえているプレートを外します。
ネジは2ヶ所あり、それぞれ大きさが違うのでわかりやすように保管しましょう。

プレートを外したら、ホームボタンを外します。
このとき、繋がっている端子を傷つけないように気を付けながら外してください。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

最後に、パネルの裏側に付いている銀プレートを外します。
ネジは両側合わせて6ヶ所あり、ここのネジは大きさが一緒なので、まとめて保管してOKです。
プレートの一番下にホームボタンを繋げる端子が付いているので(ホームボタン付近)、忘れずに剥がしておかないと千切れてホームボタンが使えなくなってしまいます。注意しましょう。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

あとは、今と逆の手順で新しいパネルにパーツを移植していきます。
今回、本体内部へもホコリなどのゴミが入っていたので、閉じる前にスプレーを吹きかけて綺麗にしました。
せっかく修理するなら、綺麗な状態で使っていただきたいので、できるだけ綺麗にしてからお返ししてます。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

そして、元のようにパネルをはめ込み、星ネジで止めます。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

最後に動作チェックをして終了です。

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

無事に修理が終わり、綺麗に生まれ変わったiPhoneを鹿野様にお渡ししました。
「(修理時間が)早かったです!」と、喜んでいただけて良かったです。

鹿野様、この度はご協力いただき誠にありがとうございました。

ル・トロワは女性向けのビルだと思われている方もたくさんいらっしゃると思いますが、当店には男性のお客様もたくさんいらっしゃいます。
安心してお越しください。

【一言】
今回のように、割れてしまい内部が露出している端末に関しては、少しの水分だけでも運悪く「水没」してしまう可能性があります。
できるだけ早めの修理をオススメいたします。

SHOWCASE札幌ル・トロワ
種田 麻菜美

ホットなiPhone修理 Vol.18 札幌ル・トロワ

< 前のページへ  |  一覧を見る  |  次のページへ >

このページのトップへ